【リベンジ】PS5を買ったのでM.2拡張スロットにSSDを増設してみる

「拡張スロットにモジュールが挿入されています。電源を切り、moduleを取り外してから、もう一度電源を入れてください。」
あの絶望から、4カ月が経ち先日一通のメールが届きました。

おめでとうございます。
あなたは、PlayStation5システムソフトウェアパブリックベータプログラムの参会者に選ばれました。

このシステムソフトウェアベータプログラムで更新された主な機能:
・M.2 SSDストレージ拡張

さっそくSSDを・・・って思って前回も載せようとしたWestrnDigital製 SN550を積もうと思ったのですが、改めてPS5側の要件を確認してみました。

インターフェース:PCIe Gen4x4 NVMe SSD
容量:250GB~4TB
放熱構造:PS5でM.2 SSDを使用する場合、ヒートシンクなどの放熱構造が必要です。片面あるいは両面のヒートシンクをご自身でM.2 SSDに取り付けていただくか、あらかじめ放熱構造(ヒートシンクなど)が組み込まれたM.2 SSDをご利用ください。
シーケンシャル読み込み速度:5,500MB/秒以上を推奨

https://www.playstation.com/ja-jp/support/hardware/ps5-install-m2-ssd/#min

あれ?SN550って3000MB/秒前後だったような気がする・・・
ダメじゃん・・・

って、わけで新しく買うことにしました。

XPG製 GAMMIX S70 BLADE
Amazonで1TBモデル 23000円前後で価格が安く性能がそれなりってのが選んだ理由です。
読み込み速度も7400MB/秒とPS5の要件も十分に満たしている値です。

準備はできたので実装します。
大まかな手順は次の通りです。
①メールに書かれているコードを「PS Store」に入力して購入手続き(無料)をします。
②PS5でベータシステムソフトウェアをインストールする。
③M.2 SSDを実装します。
④初回起動時にSSDをフォーマットします。

フォーマットが終わると、PS5またはPS4のゲームデータデフォルトインストール先にM.2 SSDを選択できるようになります。
また、既にインストール済みのゲームデータ等をM.2 SSDに移行したりできます。
その逆で、M.2 SSDから内蔵SSDに戻すこともできました。

動画でベータシステムソフトウェアのインストールから、ゲームデータの移行までを動画にまとめました。

【移行後の感想】
移行後にくっそロードに時間がかかる「電車でGO!! はしろう山手線」を起動してみました。
以外にも、ロード時間が若干短くなったように感じました。
それもそのはずで、内蔵SSDの速度は約5500MB/秒なので、今回載せたSSDの方が2000MB/秒近く早いのです。
単純な容量不足を補う目的で今回M.2 SSDを載せましたが、ロードの高速化でも活躍してくれそうです。

早くベータ版ではなく正式版としてリリースしてほしいのと、欲を言えば高速なM.2 SSDがもっと安く手に入れられたらいいなーって思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください